2017年10月 9日 (月)

わらい

 

引出しから出てきた、一筆箋。

 

 

Cimg71821


 

 

金子みすゞ さんの詩

「わらい」が載っています。

 

大好きだった詩。

見つけてすぐに、

口ずさんでいました。

ちゃんと覚えていました。

 

 

 

わらい

 

 

それは きれいな ばらいろで、 

けしつぶよりか ちいさくて、 

こぼれて つちに おちた とき、 

ぱっと はなびが はじけるように、 

おおきな はなが ひらくのよ。

  

もしも なみだが こぼれるように、 

こんな わらいが こぼれたら、 

どんなに、どんなに、きれいでしょう。

 

 

 

なみだのように

ふとこぼれる、わらい。

今の自分だったら、なんだろう。

 

野鳥の声だったり

今日ひらいた桔梗の花だったり

田んぼの上を飛ぶモンキチョウ。

そんなものに出会った時かな。

 

いっぱいいっぱい笑わなくても

きっと幸せになれるのですね。

 

 

 

 

 

2017年10月 8日 (日)

咲きました

 

名前をつけるとするならば

桔梗の「きょうこちゃん」

 

ぷうぷう

 

 

Cimg71141
 

 

ぱっ
 

 

Cimg71271
 
 

 

咲きましたconfident

 

 

ぷうぷうぷう

ぱっぱ

 

 

Cimg71571

 

 

はぁーっconfident

 

つぼみは風船みたいです。

 

 

Cimg71581

 

 

まだふたつ、ありますよーconfident

 

 

 

 

 

 

«秋